売れるパワーストーンサイトのコンセプトページ

スポンサードリンク

売れるサイトに必要なコンセプトページについて

「売れるパワーストーンサイトを作りたい!」

 

そう言いつつ、商品をただ並べているだけというオーナーさんは驚くほど多いです。

 

もちろん、ネットショップにただ商品を並べただけでは、パワーストーンはほとんど売れません。

 

「え?マジ!?じゃあどうすればイイの?」・・・という声が聞こえて来そうですね。

 

実は、売れているパワーストーンサイトには、必ずと言って良いほどある特別なページが存在するのです。

 

それが、サイトのコンセプトページです。

 

つまり、このネットショップでは、どんなお客様にどんな商品を提供して、どのような満足が得られるのか?ということが明確に書かれてるページのことですね。

 

ちなみに、コンセプトページがそのまま一商品の販売ページになっているものがあります。

 

「ランディングページ」と言います。

 

ランディングページは、サイトが提供できるサービスやコンセプトが完結にまとめられていて、なおかつ決済画面にまで誘導をかけることが出来るページのことです。

 

なので、ただ商品を並べているだけの「陳列ページ」とはまったくの別物なんですね。

 

あなたのパワーストーンサイトのコンセプトがお客様にピッタリ合えば、そのままリンクをたどって販売ページへ進んでくれます。

 

コンセプトがお客様に伝われば、当然、コンバージョン率(成約率)も高くなります。

 

ここを良く理解しているサイトオーナーは、まずは絶対にランディングページを読んで欲しいと思うわけです。

 

それはそうですよね。

 

だって、初めてのお客様が、まずはそこに着地さえしてくれれば、高い確率で商品を買ってくれるわけですから。

 

ちなみに、本来のランディングページは、一番最初に降り立ったページという意味です。

 

ただ、今の一般的な使い方としては「販売するための縦長の誘導ページ」だと思ってください。

売れるサイトのコンセプトページは価格よりも重要

よく、トップページにでかでかと「激安!」「最安値!」と書かれているサイトってありますよね?

 

あれって、大手のショッピングモールとかの真似だと思うんですけど、基本的にあまり売れないということを覚えておきましょう。

 

まあ、百歩譲って売れたとしても、利益なんてたかが知れてます。

 

なぜなら、それって圧倒的に資金力がある、大きめの企業なんかがやる手法だからです。

 

個人の人が運営していくサイトの場合、価格競争みたいなのは絶対にやっちゃダメです。まちがいなく撃沈します。

 

そんな価格競争に巻き込まれないためにも、サイトのコンセプトページが必要なんですね。

売れるサイトのコンセプトページには、お客様へのメリットを書く

コンセプトが大事なんだったら当店のコンセプトは・・・

 

  • こだわったパワーストーンを揃えています!
  • 高品質パワーストーンしか使っていません!
  • どこにもないパワーストーンです!

 

と、これまたどこのお店に行っても聞けそうな文言を並べる方も多いですが、それってお店が言いたいことですよね?

 

でも、ここでも考えてみてください。

 

商品を購入してくれるのは、お客様です。

 

つまり、お客様が求めているものがコンセプトには必要なわけです。

 

他にはない、あなたのお店だからこそ提供できる「お客様へのメリット」を考えましょう。

 

少し時間をかけても良い部分だと思いますよ^^

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連ページ

お客様の声
売れるパワーストーンサイトの必須ページの2つ目は、お客様の声です。お客様の声ページの作り方について書いていきます。
オプトインページ
売れるパワーストーンサイトを作るための必須ページにオプトインページがあります。オプトインページについて書いていきます。