パワーストーンの仕入れ方(基礎編)

スポンサードリンク

パワーストーンの仕入れ上達の近道とは?

パワーストーン仕入れの上達の近道は何ですかと聞かれれば、やはりこれしかありません。

 

「場数です!^^」・・・と、ちょっと大きくして見ました(笑)

 

なぜなら、天然石は文字通り「天然の石」で、その辺にあるようなガラス玉やプラスチックではないからです。

 

天然ということは必ず均一じゃない「自然ならではの個性」が備わっています。

 

まあ、「生もの」みたいなものですよ、ほんとに。

 

そんな自然物の微妙な色合いや個性の違いを、写真や文章だけで伝えようと思っても、限界がありますよね。

 

だからこそ、自分の目でシッカリ判断する必要があるわけですね。

 

いろいろな天然石の表情を見ながら時には失敗なんかを経験して見ることも大切ですよ。

グレードを見てパワーストーンを仕入れる時は「A」にご用心

パワーストーンを仕入れる卸売業者のホームページで良くこういう表記を見かけます。

 

「当店のパワーストーンはすべてAAAAAです。だから極めて高品質です!」

 

さて、これは本当でしょうか?

 

結論から言うと、本当のような本当でないような・・・という感じです(笑)

 

その意味をご説明しましょう。

 

通常、仕入れるパワーストーンのグレードはA(エー)AA(2エー)AAA(3エー)AAAA(4エー)AAAAA(5エー)と、Aの数によって品質のレベルが決められます。

 

ここまではどの卸売業者もほぼ同じなのですが・・・

 

実は、パワーストーンのグレード基準は、公式ルールとして定まっていないのが現状です。

 

つまり、どこの卸売業者も自社の基準を勝手に作って、「A」を並べているだけなんです。

 

信用できる業者の場合、だいたいハズレのないグレード表記ですが、中には怪しい卸売業者もいます。

 

やたらと「A」の数を乱立しているところは、要注意と言えるでしょう。

パワーストーンの仕入れは連がお得?それともブレスレット?

まずは、連(れん)という言葉を初めて聞いた方もいらっしゃるでしょう。

 

(ちなみに、最初の管理人がそうでした^^;)

 

連というのは、パワーストーンを仕入れる時に長い糸などに通して50〜60個くらいを一つの数珠のようにしたものを指します。

 

だいたい「一連に付きいくら」という形で価格取引がされています。

 

連の特徴は、たくさんの天然石を束ねている分、少量で仕入れるよりも割安です。

 

しかし、その分バラつきが多く、「ロス」となる天然石も多くなります。

 

ブレスレットは、同じ種類の天然石を20数個くらいの輪っかの状態にして卸売りされる状態のことです。

 

ブレスレットは、一つの輪っかに入っている天然石が少なめですから、連よりは割高です。

 

ただ、その分一粒一粒のクオリティは高目ですし、数が少ない分わかりやすいでしょう。

 

じゃあ、仕入れるのにはどちらが良いのかと言うと・・・

 

パワーストーンの使用目的によります。

 

一番分かりやすい基準は、自分のお店の顧客層です。

 

クオリティ重視のお客様を持つお店なら、ブレスレットを中心に考えると良いでしょう。

 

お安い価格で、幅広い層のお客様が多い店なら、連を中心に考えるのがおススメです。

 

ただし、これはあくまでもカンタンな目安ですので、やはり、自分の目で確かめながら仕入れ方法を考えるのが賢明と言えるでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連ページ

利益編
パワーストーンの仕入れ方(利益編)のページです。実際にパワーストーンを仕入れる際、具体的に利益が出る流れを中心にお話して行きます。
実践編
パワーストーンの仕入れ方(実践編)のページです。実際にパワーストーンを仕入れる時に役立つ情報を書いています。