パワーストーン開業 道具

スポンサードリンク

パワーストーンのショップ開業に必要な道具

パワーストーンでアクセサリー販売などをする場合、材料だけあればよいのかと言うとそんなことはありません。

 

やはり、最低限そろえた方が良い「道具」が存在します。

 

パワーストーンアクセサリーの種類は多々ありますが、ここではブレスレット作成する際に必要な道具について書いて行きます。

パワーストーンブレスレット作成に必要な道具 デザインボード

パワーストーンブレスレット作成の際に必要となって来る、デザインボードです。

 

たまに、手首サイズと石のサイズさえ測れば、ボードなんかなくても作成できる方もいらっしゃいますが、管理人の経験上、ブレスレットデザインボードは不可欠な道具です。

 

なぜなら、ものすごく作業がスムーズに運べるから。

 

デザインボードの中には女性用の一番小さいサイズ13pから、14p、15p・・・そして、男性用の一番大きいサイズ20pに至るまで、様々なサイズの丸くなった溝が施されています。

デザインボード

 

その溝に天然石を並べさえすれば、ひと目でサイズも分かりますし、デザインのイメージも付きやすく作成が非常にスムーズになります。

 

あと、うっかりビーズ玉を手から滑らせても、デザインボードの上なら天然石を紛失することもありませんからね。

 

この部分は、そそっかしい管理人には特に良かったです(笑)

 

価格も1,000円代からありますし、いろいろな意味で重宝するのがデザインボードなのです。

パワーストーンブレスレット作成に必要な道具 ノギス

パワーストーンのビーズ玉の直径を測る時に使用する道具のことをノギスと言います。

 

文字だけだと分かりづらいので画像をちょっと入れておきます。

 

ノギス

これがノギスですね。

 

先端にパワーストーンのビーズ玉を挟んで、サイズを測るわけです。

 

ちなみに、これは一番安価で一番原始的なタイプです。

 

この他にも、時計の針のようになっているタイプもありますし、デジタル文字でピッと一発で数字が出るタイプもあります。

 

管理人は、これで十分だと思うので原始的なノギスを使用しています。

 

すごく重宝しています^^

パワーストーンブレスレット作成に必要な道具 ニッパ

ニッパは、パワーストーンブレスレット作成の際、ゴムを切ったりする場面で良く使用します。

 

家にふつうにあるニッパを使用しても構いませんが、ショップ開業するわけですし、どうせなら専用のものを新調しましょう。

 

ちなみに、管理人が使用しているのはこちらのタイプです。

 

ブレスレット作成用ニッパ

 

にぎる部分が丸みを帯びていて、とても使いやすいです。

 

自分の手にピッタリとフィットした、使いやすい道具を選びましょう。

 

パワーストーンの卸問屋さんで売ってる場合もありますので、チェックしてみてください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連ページ

開業資格
パワーストーンでネットショップ開業するための資格のことについて書いて行きます。パワーストーンセラピストのことについても触れて行きます。
開業資金
パワーストーンでネットショップ開業するための開業資金はどれくらい必要なのか?ネットショップをやるメリットについてもお話して行きます。
仕入れ先
ネットショップを開業するにあたって大切なパワーストーンの仕入れはどのようにすれば良いのかを具体的にお話します。
材料
パワーストーンで開業するためにはブレスレットなどを作成するための材料が必要になります。パワーストーンで開業するために必要な材料についてご説明します。