パワーストーン 開業 材料

スポンサードリンク

パワーストーンブレスレットの材料

パワーストーンで開業すると言えば、やはり大人気のブレスレットの作成が必須ですよね。

 

ところで、パワーストーンブレスレット作成の材料には、どんなものが必要なのでしょうか?

 

いざ、実際に作ろうと思った時に迷う方もいらっしゃるようです。

 

ここでは、最低限必要となるブレスレット作成の材料についてご説明します。

パワーストーンブレスレットの材料 パワーストーン

パワーストーンブレスレットを作成する時に、絶対に必要なのは「パワーストーン」

 

「当たり前だろー!」というツッコミが入るのは承知です(笑)

 

ハイ、当たり前です^^;

 

ただ、ブレスレット作成のためのパワーストーンにはいろいろなサイズがあるので、ご説明しておきます。

 

まずは、ニーズの高い「女性用ブレスレット」から。

 

女性用のブレスレットを作成する時に使用するパワーストーンの「ビーズ玉サイズ」は、6mm〜10mmくらいが一番多いと思います。

 

実際、管理人がブレスレット作成する時には、6mm、7mm、8mm、9mm、10mmと、1mmずつ違うサイズのものを揃えています。

 

(※連によってバラつきがあります)

 

特に、初心者の場合、これ位の「小さ目のサイズ」から始められると良いでしょう。

 

なぜなら、一番売れやすいことはもとより、仕入れリスクも低いからです。

 

パワーストーンの仕入れ値は、10mmよりも上のサイズ辺りからグッと高まります。

 

つまり、値段がグンと跳ね上がると言うことです。

 

まだネットショップ開業して間もないオーナーさんの場合、10mm以上はある程度慣れてからでも良いと思います。

 

女性用ブレスレットの場合、メイン玉となるのが大体8〜10mmサイズが多いでしょう。

 

まあ、でも、ご自身が作りたいブレスレットイメージも大切ですので、自分の感性で仕入れて見てください^^

 

男性用の場合、やはり多少ゴツい感じのブレスレットを求める方が多いですから、10mm〜13mm程度まで幅を広げる必要があるでしょう。

パワーストーンブレスレットの材料 オペロンゴム

オペロンゴムも、パワーストーンブレスレット作成の材料としては絶対に欠かせませんね。

 

オペロンゴムとは、カンタンに言うと、パワーストーンを紡ぐゴムのことです。

 

これは、様々なタイプがあるのですが、まずは、なるべく切れない丈夫なものを選びましょう。

 

パワーストーンブレスレット作成 オペロンゴム

 

一本の太めタイプの(釣り糸みたいな)ゴムと、細いゴムを無数に束ねた(ロープみたいな)タイプがあります。

 

おススメは、無数に束ねられたロープタイプのオペロンゴムです。

 

なぜなら、切れる前に細かくプチプチと何本か切れて、劣化のお知らせをしてくれるから。

 

1本タイプの場合は、一見じょうぶそうですが、切れた時はバラバラに飛び散りますから怖いんですよね。

 

あと、中国製、日本製がありますが、管理人の経験だと圧倒的に日本製の方が切れにくいです!

 

・・・ということで、画像にあるように日本製を使用しています^^

 

たかがゴム、されどゴム!

 

お客様の信用を失わないためにも良いオペロンゴムを見つけてくださいね。

パワーストーンブレスレットの材料 ゴム用ボンド

パワーストーンブレスレットを好みのデザインに紡いで、ゴムもしっかりと結んだ後、結び目を留めるための「ボンド」が必要となります。

 

実は、パワーストーンブレスレットのゴムは結んだだけでは完成しません。

 

その結び目に、ゴム用ボンドを塗り込んで固める必要があるのです。

 

クラフトショップなどへ行けば、ゴム用のボンドが販売されてますので探して見ましょう。

 

あ、もちろんパワーストーンの卸売業者さんでも販売しているところはありますので、問い合わせて見るのもアリですよ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連ページ

開業資格
パワーストーンでネットショップ開業するための資格のことについて書いて行きます。パワーストーンセラピストのことについても触れて行きます。
開業資金
パワーストーンでネットショップ開業するための開業資金はどれくらい必要なのか?ネットショップをやるメリットについてもお話して行きます。
仕入れ先
ネットショップを開業するにあたって大切なパワーストーンの仕入れはどのようにすれば良いのかを具体的にお話します。
道具
パワーストーンでネットショップ開業するために最低限必要な道具について書いています。ブレスレット作成する前提で書いています。